お茶が便秘に効果アリ!?便秘の悩みを解消できる飲み方

便秘を改善するためには、生活習慣の改善や食生活の乱れを直していく、運動をすることで腸を刺激することなどが解消法として知られています。
しかし、それ以上に効率的に便秘を解消するにはお茶を利用することがオススメです。
便秘解消法として効果的な理由としては、お茶に含まれている「カテキン」が挙げられます。カテキンは腸内環境を悪くしてしまう悪玉菌を殺菌する働きがあり善玉菌を増やすほか、腸のぜん動運動を促す作用があります。

便秘解消法として効果的な飲み方としては、常温か温かいものを飲むのが良いとされています。
冷たいものは腸の動きを悪くしてしまうためなるべく避けるようにします。
なるべく便秘に効果的な種類を飲むことが望ましいとされています。
食物繊維が豊富なゴボウ茶や黒豆茶、カテキンを含んだ緑茶、大腸の動きをよくするマグネシウムの入っているルイボスティーやプーアル茶、善玉菌のエサになるビタミンCの含んでるローズヒップティー、飲むサラダともいわれるマテ茶などがあります。
どのような種類であれ、温かいものを食事中に飲んだり、朝起きた時にゆっくり飲むことで腸に適度な刺激を与えることができ排泄を促します。

解消法として有効ですが、毎日続けることが重要です。
また、カフェインの含まれているものを大量に飲んでしまうと逆効果になってしまいます。症状を悪化させてしまうケースもあり、カフェインが含まれているものはあまり飲まないように気をつけます。
カフェインレスであれば、多少多く飲んでも問題ないとされています。