任意整理が起業に与える影響は?

任意整理をして、債務の清算を完了した後、新たにやりたいことを見つけて起業したくなる人は少なからずいますが、任意整理をするとその後の起業において何か影響がでるのでしょうか。

任意整理にかぎらず、債務整理をすると起業にどんな影響があるのかは気になる点の一つです。しかし、職種によっては法令により資格制限が行われることがある自己破産とは異なり、任意整理は債権者と債務者の話し合いによってすすめていくものであるため、整理完了後に新たに事業を起こすという行為自体に制限が加わることはありません。

ただし、債務整理後の起業は、はじめて事業を起こす場合よりハードルが高くなる可能性があります。特に苦労する可能性が高いのは資金集めです。事業を起こすときに、内容によっては金融機関から融資を受けて資金を調達しなければなりませんが、任意整理をすると信用情報機関のデータベースにその旨が登録され、5年程度は新規にお金を借り入れるのが非常に難しくなるため、債務整理完了後すぐに事業を起こす場合は、登録された情報が削除されるまでの間は金融機関からの借り入れ以外の方法で運転資金を賄わなければならないでしょう。また、債務整理に関する情報がデータベースから削除されれば、お金を借りる際に障害となるものはほとんどなくなりますが、任意整理の対象となった債権者からお金を借りるのは、債務者に関する情報を保持し続けている可能性もあって、極めて難しい状態が続きます。
任意整理の方法|少しでも返済していきたいと考えている方はこちら