個人事業主が即日融資を受けるための方法

来店不要で即日融資を受けたい場合にとれる方法は、個人事業主でも会社勤めの人でもさほど変わりません。最寄りに有人店舗があるか、自動契約機が設置されているか、パソコンや携帯端末があれば、個人事業主も即日融資を受けられます。

近年は、人件費等のコスト削減を目的として有人店舗を設置しないキャッシング会社が増えているため、即日融資を受ける場合は、自動契約機を利用するか、インターネット上で申し込むかのどちらかの方法を用いることになるでしょう。自動契約機を使う場合は、運転免許を持っている人は免許証を、持っていない人は健康保険証やパスポートを持参して端末がある場所に向かい、画面の指示にしたがって手続きをすすめていけば契約ができ、その後発行されるローンカードで近くのATMから借入金を引き出すことができます。

一方、インターネット上から申し込む場合は、パソコンや携帯端末からキャッシング会社の申し込み専用ページへアクセスし、申込者の個人情報や事業所の情報、年収、希望額などの情報を送信します。仮審査通過後は免許証や健康保険証などが写っている画像ファイルをアップロードあるいは添付をして正式審査を受け、通過後の契約手続きを済ませたら、会員ページにアクセスして借入金の振込予約をします。ここまでの作業を日中までに終わらせていれば、この後借入金が口座に振り込まれ、近くにあるATMからお金をひきだせば即日融資の手続きが完了になります。

なお、個人事業主であっても、多額の借り入れをする場合には収入証明書類が必要となります。個人事業主の場合は、確定申告書や所得証明書、住民税の税額決定通知書が証明書類として利用できるので、どれか1点を用意して即日融資の申し込みに臨みましょう。