借金返済とお礼状

借金返済とお礼状。
一見相反するものに思えますが、場面によっては登場する組み合わせです。

まずはお金を貸した側から借りた側に送るお礼状です。
無事に返済が完了して、また機会があればお付き合いしたいという意味を込めて、お礼状を送ってみましょう。
特にお金を貸す金融機関などは、当初の契約書を返却する場合に添えて送るとよいのではないでしょうか。
文言としては、特に凝ったものである必要はありません。
これまで借りてくれたお礼とともに、またの機会に利用していただけるような文言で、軽く添えるようにしましょう。

次に借りた側から貸した側へ送るお礼状です。
何らかの理由でお金が必要になったときに、手助けをしてくれたことに対するお礼を述べましょう。
あなたを信頼してお金を貸してくれたこと、これからも長い付き合いを続けていきたいこと、などを完結に述べるようにしましょう。
こちらも、文面としては凝ったものである必要はありません。
あなたの感謝の気持ちを、正直に伝えるようにしましょう。

またこれまでに返済に遅れが生じた場合では、迷惑をかけてしまったこと、理由を察して返済を猶予してくれたお礼を述べるようにしましょう。

これらのお礼状は必ずしも必要なものではないかもしれません。
しかしお金の貸し借りといった、お互いの信頼関係を構築してくれたお礼として送ってみてはどうでしょうか。
あなたの器量を相手に示すこともできるのではないでしょうか。
http://xn--eckzbs5jpgv62qo04bur2c4zd.com